お疲れ様でした。9/17(土)18(日)セルフディスカバリーアドベンチャーin王滝2016

2016070801.jpg

10/16更新
現地の様子UPしました。続きのページからご覧いただけます!

sinでバイクを購入したら、MTB持って岐阜県王滝村へセルフディスカバリーアドベンチャーしに行きませんか?
 
セルフディスカバリーアドベンチャーで楽しもう!!
店主高田は120kmにエントリー済みです。
種目は42km・100kmコースもあるので、自分の体力と相談して選択できます。
距離としては大した距離でないように思えるけど、オフロードのこの距離はかなりの体力が必要。ゴールに辿り着くのに頼れるのは自分の力だけ。だから、セルフディスカバリーなんです!ようやく迎えたゴールはきっと大きな感動が待っています!!

今回はsin car組のみの募集ですが、「現地集合で行きたい!」のご希望ありましたらご相談ください。
スタッフマコトはサポートで同行します(現地では車での移動や水分の補給調達をはじめ、フリーのサポーターがいるとかなり何かと便利♪)

エントリーはコチラ←click!
大会公式ページはコチラ←click!
sinで行くイベント「年間スケジュール」はコチラ←をclick!

 

<現地の様子はこんなでした!>
今回のイベントは一泊二日。
9/17(土)高速渋滞を避けるため暗い内に二子玉川を出発して9:00頃に伊那付近に到着。
前日受付は夕方までで競技説明会&軽食会パーティーが17:30~。時間に余裕があるので道の駅に寄り道したり、地物そばを堪能したりと観光モード。レースに備え英気を養おうと終始のんびり、身体を休息モードに。

受付会場ではたくさんのメーカーブースが出展。気になっていた機材を実際手にとってみたり、掘り出し物を即買いできるのがイベント会場の楽しみの一つ。
競技説明会が始まる頃に予報通り雨が降り出す。しかも明日昼までずっと続く予報…。
120km部門に初挑戦の日に限ってこんな天候とは…と、どうしても思ってしまう所は持ち前の明るさでポジティブに気持ちを切り替える(笑)こんな時は早く寝るに限る!と早々に夕食を済ませて就寝。

2016101601.jpg



9/18(日)大会当日。
6:00スタートなので4:00前には起床して宿のおにぎりセットで朝食を済ませる。
天候は変わらず雨がしっかり降っている…。スタート待ち整列(早い者順)へと早めの出発予定が、かなり気温が低かったため予定変更。宿でしばらく様子をみてから会場へ。変わらず降り続く雨の中バイクを置いて場所確保。松原公園にはドーム状の設備がスタート横にあり、その下でみんな雨宿りしつつスタートまで待機。

2016101602.jpg



いよいよ6:00。セルフディスカバリーアドベンチャー120kmスタート!
目標タイムは6時間台。天候を加味したとしても遅くて7時間台で。

2016101603.jpg 2016101604.jpg 2016101605.jpg

(会社のお仲間と来られていた井Uさん・トモのスタート風景)


スタート地点から数キロほどパレード走行。公道から本コースのダート入口まで先導車と共に進む。
ここでできるだけ前へ出ることが最初の登り区間の渋滞を避けるポイント。様子を見ながらできるだけ前へ。いよいよダート区間に入ると約600mの標高差・約10km続く登りへ。
標高1000m弱あるやや薄い空気と、まだ温まっていない身体が心拍数をどんどん上げる。
初挑戦の120km、未知の後半(20kmのループ区間)に体力を残しておかないと!と心拍を上げ過ぎないようにペースを整える。

降り続く雨が冷たい…しかも標高が上がるほどに気温は下がっていく。
今回は競技時間が長いためウェアー装備で前日とても悩むことに。一つは完全防備型、もう一つは軽装身軽型。前者は冷え切ることなく温かい状態で走れるけれど身体の動きは重くなる。後者は寒さ対策に不安が残るものの身体の動きは軽い。
結果選んだのは後者。夢中にペダルを踏めば温まる!冷え切る前にゴールしてやるぞ!の考えから。

王滝のコースは土と砂利、そして大小の岩が続く。基本的にはダブルトラックやジープロードで走りやすい。ただ、それはドライコンディションでのこと。今回は強い雨でほとんどの所でわだちに沿って川ができている。水流の抵抗によってバイクの推進力はかなり弱められるので、ここで求められるのは”ライン取り”。川状箇所を避けなるべく水圧を受けない走行ラインを瞬時に読みながら走る。

2016101606.jpg



晴れていればこんなキレイな景色が望める。今回はお預け(笑)

2016101607.jpg



しばら~~~く登り降りを繰り返し、夢中に前へ前へと進む。幾度か越えるそれぞれの山の頂上付近はほぼ暴風雨レベルに荒れている。さらに降りや平坦区間では膝まで浸かる濁流箇所も(時間帯によっては膝上水量の時も)。容赦ない自然環境が行き手を阻む。常に踏ん張って走ることが要求されるため腰に負担が大きく掛かり続け、気になり始める。

      2016101608.jpg



そしてコース終盤、王滝全部門のゴール手前の分岐。42km&100km部門ライダーが右折するのを横目に、120km部門は左折してループ区間へ。この時点ではまだ余裕が多少残っているけれど、このコンディションから正直「ご馳走様~~もう終わりでいいぞ~」なんて思う自分がいたりして…。

ラストのループ区間約20km。
ここからがヤバかった…。道幅が狭く斜度がこれまでで一番のキツさ。しかも路面がかなり不安定。ダンシングを織り交ぜた走りがなかなかできない。流れてくる川状の水流は勢いが強くほとんど”滝”状態。途中から我慢していた腰の痛みももう限界!120kmは他部門に比べ参加者が多くないせいか後続車・前走者が見えない一人旅。「後何キロ登りが続くのだろう!?」と思いながら痛む腰を伸ばすため休憩を入れつつひたすらペダルを踏む。
結局ヤバイ登り区間は約6km・通常レベルの登りが約4km、残る降りが約10km。ここだけでなんと約2時間もかかることに…。未知の区間なので事前に下調べして備る方が良し!でも今回は分からない方が楽しみ!とセルフディスカバリーアドベンチャー的考えで望んだら、結構パンチ強かった~~~。

最後の約10km続く降りご褒美区間を終えると、遂にゴール!!
この過酷なコンディションで走ったことはとてもいい経験。ドライならもっと景色が良かったけれど、それはまた次回の楽しみということに~~。
後半は心拍が90%まで上がることは無く(環境的にも後半はパフォーマンス下がっていきますからね~)、登坂区間以外は終始寒さに耐えながらケガに気をつけて走った今回、とにかくキツくて楽しい王滝でした♪
ゴールタイムは目標に届かずガックリ。途中トイレ2回・腰伸ばし休憩2回・撮影タイム1回の計20分を差し引いたとしても達成ならず…。
課題は残ったけれど、また来年のエントリーを考えるのであります。過酷な状況で走った直後なのにまた走ろうかなんて病的としか思えませんよね~(笑)

【プチデータ】
心拍計を見ると心拍平均81%・消費カロリー約3100kcal・標高獲得約3000mでゴールタイム8時間24分。気温が低くて飲む機会の少なかった720mlボトルのドリンクは約100ml残り(途中の注ぎ足しなし)。ジェル系は1時間に1つのペースで補給。

2016101609.jpg



<ご参加にあたって>
■募集
sin car組…2名様/15.000円(交通費・消費税など含む・宿代別途約9.000円)
※sinジャージ着用特典で2.000円OFF

■集合
sin car組…9/17(土)店頭am5:15
■解散
店頭9/18(日)夜※当日の状況などにより帰途時間は変わります。

■お申込み
8/14(日)18:00までにsinへ
■キャンセル
9/4(日)18:00まで※〆切り後キャンセルは全額負担
■最少催行人数:なし

◆大会エントリーは各自お願いします(よろしければチーム名”バイクルームシン”でよろしくです☆)
◆エントリーは各自で行ってください。種目はお任せします。
◆宿はsinで手配済です。1泊2食付で、レース当日の朝も準備されています。
◆sinツアーご参加者以外の宿の手配・前日エントリー・現地への荷物運搬は、スケジュール・車内スペースなどの都合上お承りいたしかねます。
◆sinのHP内「
走行ルールと注意点」←をclick!もご確認ください。

 


2016071801.jpg



<店舗外観>

20120128.jpg写真は、特別出演のレーサー神〇さん

 

2015050602.jpg<無料駐車場あり>
当店対面に縦列で2台停められます。ご利用の際は、店内入口にある駐車許可証をご使用ください。※満車の場合は最寄りのパーキングへお願いします。


<営業時間>
  平日 :14:00~21:00
土日祝:12:00~19:00
定休日:火・水曜日
(レース等で変更あり)

住所:〒213-0002
川崎市高津区二子1-10-13
木村ビル1F
TEL/FAX 044-814-2933


<修理・整備・納車の受付>
  平日 20:00まで
土日祝18:00まで
              
『常に最高の状態のパフォーマンスで愛車に乗っていただきたい!お預かりするのはモノではなくまずは安全!!』の心構えのもと、できる限りご要望に応えられるようメンテナンスに取り組んでいます。

ご要望を元にバイクやパーツの状態をみて、ご相談しながら目的にあったプランをご提供いたします。

スムーズなご案内をするために
新車の納車作業は予約制、各メンテナンス作業は予めご来店日・お時間をお知らせいただけましたら幸いです。



<スタッフ紹介>

2012083101.jpg







 




 

店主…高田
「1台1台を丁寧に!を心がけています」
 

2011031208.jpg

 
 

 

 

 

 




スタッフ…マコト

「女性にしかわからない悩みも…お気軽に 」



left.jpg

「TEAM KEEP LEFT」に賛同しています!!!


2013120901.jpg 


<営業カレンダー>
2012100806.jpg