2015.10/12 CJシリーズ レースレポートin一里野 by店主高田

2015年度MTBシリーズ戦(CJシリーズ)は「MTB Team MOMO」の選抜4名とチームを作り、『バイクルームシン&MOMO』として5名で参戦。
バイクルームシンでCJシリーズオリジナルTeamジャージを作成し、MOMOメンバー4名にサポートしています。
”MTB Team MOMO”MOMOブログはコチラをclick!


2014年より選手登録後、2回目となる石川県一里野。
今年6戦目、チャレンジAクラスでエントリー。23名が出走。レース当日は曇り時々雨、少し肌寒い。
レース当日早朝まで降り続いた雨で、水はけが良く陽が当たる所はややドライでその他は基本ウェット。このコースは芝生の登り区間が多くクライマー向きコース。

今回も前日入りしてコース確認を…の予定が、到着した正午から間もなく強い雨が降りだす。ドライだった午前中の試走を終えたエリートクラスの神〇さんとノ〇オに合流。コースの状態を教えてもらい、歩いてコース下見をすることに。(大事をとって試走は中止に)
実際bikeに乗って試走するには及ばないけれど、やはりここでも本番前のコース下見は当日の成績に大きく影響する。

同じレース会場でもクロスカントリー競技は、ほぼ毎回コースレイアウトが変更される。
ここ一里野で昨年との違いは、1周目にスタートループ(スタート直後のシングルトラック渋滞を避けることを主な目的とした道幅が広い区間で、メインの3周回とは別加算)ができたこと。それ以外は前回とほぼ同様でメインは芝生路面、土のシングルトラック。

「ウェット路面で滑り小さなミスを極力減らすこと、ライン取りと集中力!」と自分に言い聞かせレースに臨む。1周約4.15kmを3周回+スタートループ2.7km(計約15km)で競う。
2015102502.jpg今回も前戦同様、クラスカテゴリー混合(+チャレンジB・ユース)スタートではなく、チャレンジAクラスのみで出走。ランキング順に点呼整列し集団の2列目に位置取りスタートの合図を待つ。23人が同時スタート。3周回あるため前半・中盤・後半と展開を組み立てられる。

スタート!トラブルなくまずまずの位置を取る。
スタートループ始めのキツい登り区間からしばらくは道幅が広く自分のペースが作りやすい。しかし登りが長く続くこと、芝生路面でペダルがかなり重いことから早速心拍はどんどん上がる。
だからといって焦らずに先ずは自分のリズムを作りながら前へ前へ。

20151023033.jpg↑一里野登りのメイン。ここが一番の頑張りどころ。
斜度がキツいことと緩くややウェットな芝生路面が一気に体力と速度を急降下させる。ライン取りとトラクションコントロールとペース走域の維持を意識する。

2015102503.jpg↑1周目後半、登りのメインピークからシングルトラックへつなぐ降り区間。ここはかなりスピードがでて危険なため、体力回復を意識しつつ集中力を切らさずに走る。

20151023044.jpg↑シングルトラック出口。(シングルトラック内の写真無くてすみません…)
シングルトラックは前日昼~当日早朝にかけての降水でウェットに。滑る木の根や石と緩い泥のわだちに注意しながらライン取りと走行リズムに気を配る。
この時点での順位は11位。追いかける前方集団は視界に入っている。

2015102504.jpg↑2周目前半、スタート地点直後の登り。シングルトラックでもらった大量のオツリがタイヤに付いてペダルが重く、そしてグリップを奪う。
スタート前に楽しく会話させてもらっていた前走の白〇さんに迫ることができた。
しかし、この辺りから腰の痛みがジワジワと起こり始める。先週の勢和多気から続けて参戦の影響か、ただの疲労からくる腰痛というよりも、もっと身体の奥に芯があって脚に力が伝わりにくい感覚に。もちろんそれを気にしている状況でもなく前走者を必死に追い、ここからゴールまで二人の抜きつ抜かれつデッドヒートが始まる。

2015102505.jpg↑3周目ラストのシングルトラック出口。
2~3周目は近い前走者・後続者も無く2人で競り合い10位争いとなる。歯を食いしばってペダルを踏み続け、ようやく前に出る。

2015102506.jpg↑何とかゴール。”痛”の一文字が目立ったレースになってしまった。
レース結果はチャレンジAカテゴリー内で23名出走中10位。当初目標の6位には遠く及ばず…。(今回は参加人数が少なかったので少なくとも一桁順位は獲りたかった)

今回の反省点。
身体の管理、登りでの脚がまだまだ足らないこと、この2点が大きい。日頃から特に意識している身体のケア=体調管理に不備があったことはほんとに残念で、改めてその重要さを認識するレースとなった。そしてクライマーコースが得意ではないことをこのレースで再認識。
ただ、今回も前戦の勢和多気戦に続いて10位の獲得ポイントは次のステージ=エリートクラス昇格へ向けて自分にとっては大きなものとなった。
課題はしっかり反省し次戦につなげれば良いと思い、もっともっとやってやるぞ!と自分に言い聞かせる。


次レースは1週間後のCJシリーズ7戦目の10/18(日)in長野県富士見パノラマ。
今シーズン最終戦、全力を尽くし前へ前へとギアを上げて走りたい。 
今回も応援してくださった皆様ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。


 

nNpz1Zgz23iJRE41468580095_1468580310.pngのサムネール画像



2016071801.jpg

さらに!!
店頭にある対象
バイク・ホイール
はポイント2倍!!
10%還元!!



<店舗外観>

20120128.jpg写真は、特別出演のレーサー神〇さん

 

2015050602.jpg<無料駐車場あり>
当店対面に縦列で2台停められます。ご利用の際は、店内入口にある駐車許可証をご使用ください。※満車の場合は最寄りのパーキングへお願いします。


<営業時間>
  平日 :14:00~21:00
土日祝:12:00~19:00
定休日:火・水曜日
(レース等で変更あり)

住所:〒213-0002
川崎市高津区二子1-10-13
木村ビル1F
TEL/FAX 044-814-2933


<修理・整備・納車の受付>
  平日 20:00まで
土日祝18:00まで
              
『常に最高の状態のパフォーマンスで愛車に乗っていただきたい!お預かりするのはモノではなくまずは安全!!』の心構えのもと、できる限りご要望に応えられるようメンテナンスに取り組んでいます。

ご要望を元にバイクやパーツの状態をみて、ご相談しながら目的にあったプランをご提供いたします。

スムーズなご案内をするために
新車の納車作業は予約制、各メンテナンス作業は予めご来店日・お時間をお知らせいただけましたら幸いです。



<スタッフ紹介>

2012083101.jpg







 




 

店主…高田
「1台1台を丁寧に!を心がけています」
 

2011031208.jpg

 

 

 

 

 

スタッフ…マコト

「女性に
しかわからない悩みも…お気軽に



left.jpg

「TEAM KEEP LEFT」に賛同しています!!!


2013120901.jpg 


<営業カレンダー>
2012100806.jpg